養護教諭養成課程の求める学生像 (アドミッションポリシー)

人間の身体とこころの仕組みと働きに関心をもち、人間の健康現象について広い知識を探求しながら、個人および集団の健康を増進し児童生徒の人間性をより豊かにしていくための学びや経験の重要性を理解し、社会に対して積極的に関わっていくことに意欲的な人

養護学や学校保健学・公衆衛生学、看護学、臨床医学、基礎医学・人間生物学および教職科目を学ぶことを通して、人間の成長発達の過程で起こるさまざまな身体やこころの健康問題について理解力と実践力を身につけることに努力できる人
問題を共感的に理解し、児童生徒の主体的な問題解決を支援するとともに、他の人々と共同して社会における健康問題や環境改善に自発的に関わることができる人。